絞り込む
ノンジャンル
連載中夢小説
ケガレ眼

ケガレ眼

呪術全盛の時代、 強力な封印術で数百年のもの間世に名を馳せた名家「七羅家」が存在した。 ある年、七羅家に呪眼を持った赤子が産まれた。 ありとあらゆる呪いを寄せるその呪眼を 周りのものは忌み嫌って 「ケガレ眼」と名付けた_______________ そして18年たった新月の夜、 何者かの襲撃により、数百年もの間 呪術師の家系の頂点にあった七羅の血は 一晩で途絶え消え失せた。 宿儺、悠仁main

ー 40,333文字

274
2022/07/08