無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

絞り込む
ノンジャンル
連載中
もう一度彼の香りを…

もう一度彼の香りを…

町には小さな香水を売る店がありました。 彼の作った香水はとても貴重で人気な物 様々な香りの香水を作ってきたが、どうしてもあの人の香りを作ることが出来なかった。 どうしても完成させたい。 またあの人の香りを。 【彼以外の香りはどれも汚く感じる】 ______________ ※これは第5人格の調香師 ウィラ・ナイエルの成分を多く含みますが本人は登場致しません。 大丈夫な方だけ閲覧ください。

69
2020/08/04
恋愛
夢小説連載中
Lavande fatidique

Lavande fatidique

2001年の夏、フランスで私に話しかけてくれた男の子。 名前は、 知らない。 彼に関して覚えているとは笑うと四角くなる口元と、歳が2歳上ということのみ。 なんせ20年も前の話。あっちは覚えてないだろうな。 『bonne odeur』 (いい香り〜) 『Vous avez l'air bien sur la lavande.』 (君はラベンダーが似合うね。) 『Je veux faire du parfum avec toi quand je serai grande!』 (僕、大人になったら君と一緒に香水を作りたい!) 『C'est une promesse』 (約束だよ) - 2001 enProvence

19
1日前
ホラー
連載中
第5人格 ☂️

第5人格 ☂️

第5人格の小説だぞ★ 主に使ってるキャラ ↓ ウィラちゃん(調香師) 白黒無常 美智子 (芸者) フィオナ (祭司)

1
2021/02/01
ノンジャンル
連載中
誰 か の 心 臓 に な れ た な ら

誰 か の 心 臓 に な れ た な ら

フォロワー限定

2
4日前