無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

絞り込む
恋愛
オリジナル完結
君との夏の思い出を。

君との夏の思い出を。

君と出会ったのは、運命だったのかもしれない。 君といると胸の鼓動が止まらない… 君といると顔が赤くなってしまう… 私もあなたには心を許せたの… こんなことがいつまでも続けばいい。 でも、君はもうここにはいないんだ──── これは、不器用すぎる少年と極度の人見知りの少女が描く、淡く切ない物語────

8
2018/06/26
ノンジャンル
夢小説完結
-秘密のMermaid-

-秘密のMermaid-

せつない恋のお話です!読んでくれると嬉しいです!よろしくお願いします。

5
2021/05/21
青春・学園
夢小説連載中
夏の名前

夏の名前

君はどこから来たの? でも君は夏しか現れない。 そんな君との思い出をつくるために 夏祭りに行った。

1
2018/07/28
ポエム
夢小説連載中
あの夏が飽和する

あの夏が飽和する

『昨日 人を殺したんだ』 これはある夏の出来事 君と僕がすごしていた夏の出来事 もう君はいないけれど、僕はずっと君のことを思っている。この季節になると君のことを思い出すことができる。 僕は君に言いたいことがあったんだ。 『✕✕✕✕✕✕✕✕』

1
2020/07/23
恋愛
連載中
あの夏の思い出

あの夏の思い出

余命数ヶ月の僕が君と出会ったあの夏の日 僕は君に恋をしたー。

48
2日前
恋愛
夢小説完結
コレガ恋コソカナシケレ

コレガ恋コソカナシケレ

フォロワー限定

20
2021/01/01
恋愛
オリジナル連載中
君と記憶と花火と。

君と記憶と花火と。

本当はこの写真も雰囲気も君も花火も月も全部全部この夏の二人の良い思い出になるはずだった。─────── ❅❅❅ りぃあ様が企画した歴代プリコン企画に参加させていただきます! 気軽に読んでください! ⚠すでに第10回プリコンに『花火』『記憶喪失』をテーマとした作品がありますが、その作品とは一切関係ありませんのでアンチは辞めてください。

18
5日前
青春・学園
オリジナル連載中
君と僕との"最後"の夏

君と僕との"最後"の夏

「ね…ぇ!!お…になっ…たら…わ…を…よ…さ…にして…る?」 夢の中で君の声が段々と濃く聞こえてくる 覚えてるようで思い出せない。君はいったい誰なんだ? ー教えてくれー

2
2021/06/20
恋愛
夢小説連載中
Memorial address

Memorial address

君との記憶を刻む そう あれは忘れもしない 夏の始まりの日だった… 蓮くん会いたいよ… ☽:゚____________ ヤンキー蓮くんとの 切ない長編ラブストーリーです 10代の大好きだった人との思い出 ゆっくり書いていきます♡ (他作品のR18 SEXの瑠姫くん,汐恩,純喜の ストーリーに出てくる主人公の高校時代の話です) __________________☽:゚ この作品の他によろしければ私が書いてる R18 SEXシリーズもお読み下さい♡ (こちらはフォロワー限定公開に変更しました) ✰,♡押してくれるとすごくすごーく嬉しいです 押して頂いてる方々本当にありがとうございます♡♡ ℛ𝓊𝓇𝓊

82
2021/07/16
恋愛
連載中
ちょっぴり大人になった君と

ちょっぴり大人になった君と

ーーーもう、出会わないと思ってたーーー ある夏、愛葉(あいは)の高校に転入生がやってきた、それは幼稚園の時から仲良しだった紫野也(しのや)だったー。もう会わないと誓ったのに。 紫野也とまた、仲良くするうちに昔の事を思い出してーーーー 紫野也「俺、隠してることがある」 気持ちが混じり合うラブストーリー!!

1
2019/01/29
恋愛
オリジナル連載中
私と君と、ひまわりと。

私と君と、ひまわりと。

ある夏、幼なじみの稲汰の家に遊びに来た神奈は、その場所に伝わる、ある伝説に興味を持つ。 その伝説を見付けるため、幼なじみとの過去の思い出の場所であるひまわり畑に行くと、神奈はそこで不思議な男の子、拓と出会う。 最初は大嫌いだった拓に、不思議とだんだんひかれていく神奈だったが、ひまわりが枯れ始めてきた頃、拓から衝撃の事実を聞き……!?

6
2021/05/04
ノンジャンル
夢小説連載中
君が夢を叶える頃に

君が夢を叶える頃に

高校2年の夏。 私は病気になった。 余命1年半__ 君が夢を叶える頃、 私はきっともうこの世には いない。 私の最悪だった人生を 沢山の幸せな思い出と ともに終わらせてください…

16
2019/06/01
恋愛
オリジナル連載中
君が奏でる、私が笑う

君が奏でる、私が笑う

大人は敵 いつの間にかヒリヒリと痛む右手首をさする癖がついていた夏乃は、常に大人達の授業に嫌気がさしていた。 つまらない学校生活がこれからもしばらく続いていく思っていた夏乃の前に現れたのは蒼君だった。 蒼君はマイペースで馬鹿だと思っていたけれど、実はそれは彼なりの生き方だったのだ。 なににも縛られないで自分のやりたいことをやりたい時にできるように…。 「お前も自由に生きろよ、いつまでもそんな控えめな顔するな」 蒼君が冷たく吐き捨てたその言葉に夏乃は苦しかった過去のこと、音楽を嫌いになり一切関わりることもなくなった時のことをふと思い出した。 蒼君の音楽があれば、私は笑っていられる気がする。 蒼君、私には蒼君が必要だよ…。

15
2021/07/12
恋愛
連載中
鬱金香

鬱金香

「夏祭り君と出逢った その時、逢ったことがあるきがした」 そんなことを思い出しながら外に出るとチューリップの香りがした 私はチューリップが大好きだ また、君に出逢いたい そう私の初恋の人

1
2018/07/15