無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

絞り込む
恋愛
オリジナル完結
君と僕の最後の夏

君と僕の最後の夏

彼女は、生まれつき心臓の病気を抱えていた。 ばあちゃんの見舞いのために病院に行った僕。 「あの!桜ヶ丘高校の方ですか…?」そう声をかけられたことがきっかけで、彼女と関わっていく。 ある日、彼女は言った。「花火大会に行きたいの。もう…最後かもしれないから…」

51
2018/07/29
恋愛
夢小説完結
ずっと前から好きなんだ

ずっと前から好きなんだ

幼なじみのあなたとグク 2人は両片思い この恋の行方は!?

72
2018/07/26
恋愛
夢小説完結
私の力がある理由…

私の力がある理由…

私には変な力がある その力があるから 私の人生はつまらない こんな力いらない そう、思ってた... 貴方にあの日、 夏祭りで初めての恋をするまでは…

37
2018/07/26
恋愛
夢小説連載中
戻ってくるって言ったのに。

戻ってくるって言ったのに。

少し悲しめです。

75
2018/07/22
青春・学園
連載中
voice

voice

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 自分の思いを言葉にしたくても、出来ない女と 余計な一言まで言ってしまう、素直な男の 二人が紡ぐ、青春ラブストーリー  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

11
2018/08/07
恋愛
夢小説完結
初デートは夏祭り【短編集】

初デートは夏祭り【短編集】

短編集です。 あなたはどの彼がお好みですか?

14
2018/07/26
恋愛
夢小説完結
終わった初恋のその先

終わった初恋のその先

中学一年の夏祭り。 初恋で、告白して、フラれて。その人が、高校二年の私の担任になった。 ――あの時、初恋は終わった。そうでしょ?

15
2018/07/26
恋愛
夢小説完結
記憶の片隅に君がいた。

記憶の片隅に君がいた。

何かいつも忘れてる気がする。 ドンドンドン 太鼓の音 ピーヒャラ ピーヒャラ 笛の音 楽しそうな人たちの声 ドォン 花火が上がった時のような音 こんな何気ない音が何故かふとした時に酷く懐かしく思うことがある。 ……皆さんはそんな何気ない音の中に忘れたくない記憶はありますか?

12
2018/07/26
恋愛
完結
恋の始まりは夏祭りのあの日から

恋の始まりは夏祭りのあの日から

男女グループにいるごく普通な女の子。 好きな男の子はいない。 でもあの日恋したんだ。あの男の子に。 そして、好きって言えないまま、転校してしまったんだ

12
2018/07/22
恋愛
オリジナル完結
君と約束した夏

君と約束した夏

何か感じてください それだけです

9
2018/07/26
恋愛
完結
アオハル

アオハル

特に決めてませんm(_ _)m

4
2018/07/22
ホラー
夢小説完結
見るなの禁【六話完結】

見るなの禁【六話完結】

下ネタあります、2,3,4話ではお気を付けを…! (コメディ×ホラー?) *** ─────────祭囃子が、聞こえる。 何処からか聞こえた祭囃子を追った先にあったのは、 見慣れない神社。 “招かれざる者、入るべからず” 行く手を阻む立札に記された言葉。 其れは、一体…? 夏のひととき。 現し世ならざるものが、手招きする───

5
2018/07/13
恋愛
完結
花火に照らされる君の横顔

花火に照らされる君の横顔

憧れの光輝先輩に振られた茜… 忘れなれぬまま夏祭りを迎えた彼女がくだした結末とは…

4
2018/07/25
ファンタジー
完結
10年前の夏祭り

10年前の夏祭り

「また来年も取ってあげるよ!」 君はそう言ってくれたのに、来年も再来年も君に会うことは出来なかった。

1
2018/07/26
ファンタジー
夢小説完結
☆ 神隠し神社の縁日。

☆ 神隠し神社の縁日。

とある縁日。 普通にお祭りを楽しみに来た3人の少年少女たち。 とあることをキッカケに、不思議な世界へと迷い込んでしまう…

4
2018/08/01
恋愛
夢小説連載中
忘れる前に。

忘れる前に。

とある高校に入学した優希(ゆき)は同じクラスの楓(かえで)と出会う。優希は、よく忘れる体質だが隣の席になり楓と仲良くなる。しかし、ある日楓の事を忘れてしまい…

4
2018/07/28
恋愛
連載中
こんにちは。あなたが救った金魚です。─epilogue─

こんにちは。あなたが救った金魚です。─epilogue─

──夏祭りで“救った”金魚が、           家に帰ったら人の姿になってました。 運営様から次回作に期待されて喜びが隠せません…!! ありがとうございます…感謝

4
2018/09/15
恋愛
完結
花火大会

花火大会

初めての彼と花火大会

1
2018/07/23
恋愛
完結
俺と彼女の夏祭り

俺と彼女の夏祭り

夏の夜空に咲く花を、あるものは再開の道しるべとして、またあるものは悲しき記憶の鍵として また今年も、花が咲く ※時間がなかったのですがどうしても書きたいネタを思いついたので 短い とても短い 短時間でサクッと読めるはず

2
2018/07/25
恋愛
夢小説連載中
夏が終わるその時...君は...

夏が終わるその時...君は...

今度...一緒に夏祭り行かない...? ずっと好きだった彼に私はそう告げた。 夏の暑い暑い中、人々が押し寄せ、祭りは徐々に盛り上がりをみせていく。 祭りも終盤に近づく。打ち上げ花火がドーンとあがる中私は胸に秘めたこのどうしようもない心の中の気持ちを少し勇気をだして彼に言う。 私と彼の運命の歯車が今動き出す...。

1
2018/08/08