hachi🍯

hachi🍯さんの壁紙画像
hachi🍯
hachi🍯
24
小説数
553
お気に入り
フォロー
フォロワー
頭に浮かんだものを自分なりに
表現したいなと思います
ゆっくり投稿ですが
お願いします
恋愛
連載中夢小説
愛の罠

愛の罠

幸せな恋模様の裏には、ドロドロとした罠が隠れている。

ー 4,570文字

6
2021/12/03
ホラー
R18完結夢小説
みんなの仮面

みんなの仮面

私達の自慢はみんなが仲良しな事 そう__私達は“仲良しクラス”

ー 61,374文字

61
2021/09/05
恋愛
連載中夢小説
音楽溢れるあなたとの日々

音楽溢れるあなたとの日々

曲の歌詞を勝手にストーリーにする 短編小説です! 私の自己解釈なので ご理解お願いします((。´・ω・)。´_ _))ペコリ リクエストも受け付けます!

1
2020/09/29
恋愛
R18完結夢小説
何も知らない君は

何も知らない君は

貴方のためなら命だって捨てられる

66
2020/06/24
恋愛
完結夢小説
君の匂い

君の匂い

私は貴方が好きだから 今日も見て見ぬふりをする

99
2020/05/19
恋愛
完結夢小説
金髪の君

金髪の君

ただの日常をすごしていた そんな私に起きた 愛おしい奇跡_______

ー 29,205文字

39
2020/05/19
恋愛
完結夢小説オリジナル
文化祭の音

文化祭の音

文化祭の日、僕が見つけたのは ステージで輝く君だった

1
2020/03/31
恋愛
完結夢小説
あなたの記憶

あなたの記憶

消えた記憶を呼び起こして____。

4
2019/02/09
恋愛
完結夢小説
記憶の花弁

記憶の花弁

私が目を覚ました場所は 私の知らない部屋のベットの上 『おはよう』 そう戸惑っている私に話しかけてきた少年 私は何も、思い出せない すると少年は私に言った 『この部屋を出れば答えが見つかる』 そして、私は城のドアを開けていく そして、 部屋を移動する度に現れる 隣にいる彼に違和感を抱いていく、 貴方は一体誰? そして、 私は一体何者なの?

6
2019/01/07
ホラー
R18完結夢小説
嘘つきはダレ. . .?

嘘つきはダレ. . .?

待ちに待った修学旅行!! のはずが. . . 『ゲームヲハジメマス』 楽しい修学旅行になるはずだったのに. . .

15
2018/11/04
恋愛
R18完結夢小説
Halloweenの夜に

Halloweenの夜に

これは貴方と出会った日のお話

13
2018/10/31
ホラー
R18完結夢小説
ひと夏の怪異

ひと夏の怪異

高校1年、高校生活初めての夏 うきうきとしていた心とは真逆に 私の背後には黒い影が忍び寄っていた 親友の謎の死をきっかけに その黒い影は牙をむく

10
2018/10/18
恋愛
完結夢小説
君が好きなんです

君が好きなんです

入学して数ヶ月、私には 好きな人が出来ました でも、私には手の届かない人かも. . .

24
2018/07/29
恋愛
R18完結夢小説
私の王子様は執事さん

私の王子様は執事さん

私の住む街には大きな森がある その森の奥には大きなお城があって 王子様が住んでるらしい その森に迷い込み 王子様につかえている執事に 私は助けられ、その城で働く事になった

65
2018/07/06
恋愛
完結夢小説
先輩、好きです!

先輩、好きです!

先輩との出会いは部活だった 先輩と初めて話したのは、 私が失恋したあの日だった ドSでチャラい先輩が 最初は嫌いだったのに. . .

30
2018/06/17
恋愛
R18完結夢小説
月夜に輝く輝夜姫

月夜に輝く輝夜姫

その街には殺し屋がいる でも、その正体は誰も知らない 知ってるのはその殺し屋は 満月の夜に輝く『輝夜姫』のようだと これは殺し屋の輝夜姫と その街に転校してきた殺し屋の男のお話

42
2018/03/30
恋愛
完結夢小説
出会ったのは記憶喪失の彼でした

出会ったのは記憶喪失の彼でした

私は名もない小さな神社の巫女をやっている いつも通りの1日で終わるはずが その日は何か違った 『何も、覚えてないんです...』 『助けてください...』 知らない人なはずなのに、 私はその人を家にあげて 一緒に住む事になった 私と彼は記憶が戻るまでの関係... ねぇ、私に笑顔を見せないで、?

3
2018/03/29
恋愛
完結夢小説
ほろ苦い恋のチョコレート

ほろ苦い恋のチョコレート

私の日課は大好きなあの人に 毎日アタックをする事! 彼との距離が近付いてきた そんなある日の事 私のクラスに幼なじみが転校生してきた 幼なじみは私に 『好きだったんだ』 と、告白してきて...

17
2018/02/06
恋愛
完結夢小説
私が体験した数日間

私が体験した数日間

※フィクションです これは、高校1年の冬 私の身に起こった不思議な事 それは、私の彼氏が 自殺をした事から始まった 彼のお葬式の日 『大事な人を亡くされたんですか』 黒い服を着た 男の人にそう聞かれた 『彼を助けるお手伝いをしますよ』 その言葉と共に 私の視界は歪み意識が落ちた 目が覚めると彼が亡くなる 数日前に戻っていた

5
2018/01/05