無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

喧嘩。





佐藤side









前田「最低。もう知らない」







突然大声をあげてどっか行っちゃいましたあなた。


マリウス「!?…」


マリウスビックリしちゃってるし…


『あー、マリウス大丈夫?』


マリウス「あ、うん」









まぁ事の流れはだいたい把握してて。


多分あなたと健人くんだなー。




健人くんずっと下向いてばっかだし。








『とりあえず休憩しよっか』


あなたがどこいったかわからないし、
このまま続けてもきっと意味が無いだろうから中断ね






『あ、けn 菊池「なにあったん?」』






俺が先に聞く前に風磨くんが聞いてくれた。




まぁでも、俺よりシンメの方が話しやすいよね














中島「……み……ねぇよ…」







そしたら健人くん
小さい、今にも消えそうな声で話し始めた。






中島「意味わかんねぇよっ… テンポが遅かったから
何かあったか聞いても何も答えねぇし…
もうちょっと頑張ってって言ったら急に怒鳴るしっ…」





健人くんの話を聞く限り、原因はあなたみたい。


菊池「…じゃー勝利はあなた追いかけてくれる?」




風磨くんに言われ俺はあなたを探しに行くことにした。












でもどこにいるかわかんないし…















"プルルルルルルルル プルルルルルルルル"



《もしもしー?》


『あ、もしもし、佐藤勝利です』


《あー勝利くん、こんちゃ》


『こんちゃ笑
あの、あなたが怒ってどっかいっちゃったんですけど
家いますか?』





そう、電話の相手はあなたのお兄さんのまっけん。


お泊まりの時から仲良くなって、たまに遊びに行く


《あーごめん、俺今撮影だから家いないんだよね…》


でも家にいないみたい。






『あ、おけです!じゃあお仕事頑張ってください!』


























くそっ、 どこにいんだよ…



























とりあえず事務所の中にはいなかった。











活動範囲広まるじゃんオワコン化してる。←




















そういえば最近
北斗がかっこいいとかなんだとか言ってたような…




本命は道枝らしいけどさすがに大阪は無いと思うから






一応 SixTONESの誰かにかけてみるかぁ…