無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

第19話 父
けれど父とは時々口を聞いていた









そんな時だった









いつものようにタブレットいじっていると









仕事でなんかあったらしく機嫌が悪かった










そして私の悪口を言ってきた










タブレットに逃げてんじゃねぇ









いつもいつもうぜぇんだよ









お前なんていなければよかったのに








私は昔のことを思い出してしまい過呼吸になった









そのあとの記憶はない









気づいたら私は病院のベッドにいた

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雪水
雪水
よろしくお願いします。 病んでます 一週間に1回くらい小説あげようと思います 誰かに必要とされたい
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る