前の話
一覧へ
次の話

第26話

22話
841
2022/05/16 06:05
突然、ラボの方から騒音が響いてきた。


ビジョンのお誕生日がきたよ!!
歓迎パーティしなきゃ♡



急いで、部屋から出てラボに向かった。
着くとラボは騒然としていた。
主人公
主人公
まじで何やってんだか
ワンダを羽交い締めにしているバナー博士。

銃を持ったナターシャとクリント。

アーマーを装着して、キャップを攻撃するトニー。
主人公
主人公
ちょっとみんな武器を置いて落ち着いてー
私が現れたことにより戦闘が一時中断された。
トニー・スターク
トニー・スターク
あなたはこっちの味方か?
それとも星の王子さまの味方か?
クリント・バートン
クリント・バートン
あなた、危ないからこっちに来い

ワンダがバナー博士を攻撃し、戦闘が再開された。

ワンダを動けなくし、キャップの盾とクリント達の銃も奪った。
主人公
主人公
もう、やめてってば
そこにソーがやってきて、ビジョンが入ってる箱に雷を打ち付けた。

突如、現れたソーにより喧騒としていた空間が一気に静寂になった。


箱から赤い人が飛び出していき、ソーに襲いかかり、ラボに外に投げ出された。
ビジョン
ビジョン
すみません、戸惑ってしまって
キャプテンがソーに何故助けたと聞くと

ソーはあるビジョン見て、マインドストーンは凄い。そして、これがあったらウルトロンに勝てるよと言った。

ウルトロンはソコビアでアイアンマンを待っていると

そして、赤い人は私は平和を求めると言い、ソーにハンマーを軽々しく持って渡した。
主人公
主人公
おぉ、王様後任かな??
みんな、あんぐりして、その場から動かなかった。
ソー
ソー
よし、いこうか!
スティーブ・ロジャース
スティーブ・ロジャース
3分後に出発だ。
それぞれ戦闘準備しに行った。
ワンダ・マキシモフ
ワンダ・マキシモフ
ねぇ、あなた
主人公
主人公
ん?私?
ワンダ・マキシモフ
ワンダ・マキシモフ
貴方、私と同じ能力?
主人公
主人公
あーちょっと違うかな。
私は頭の中を覗いたりは出来ないよ。
ピエトロ・マキシモフ
ピエトロ・マキシモフ
君、俺たちよりも若いよね?高校生?
主人公
主人公
来年で20歳はたちになるよ
自己紹介してなかったよね?折笠あなたよ
そう言って手を差し伸べて握手を求めた。
ピエトロ・マキシモフ
ピエトロ・マキシモフ
じゃあ、お姉さんって呼ばなきゃね
ピエトロだ
ワンダ・マキシモフ
ワンダ・マキシモフ
ワンダよ、よろしくねあなた
2人と握手をし、自分も準備するためその場から離れた。
あなたが離れていき、準備をし始める。


ワンダはあなたといる時ずっと眉を寄せ、考えていた。
ピエトロ・マキシモフ
ピエトロ・マキシモフ
どうしたんだ?何か見えたのか?
ワンダ・マキシモフ
ワンダ・マキシモフ
…あの子私よりも危険かも

プリ小説オーディオドラマ