無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話



しばらくして、ハニオッパとディノオッパが来た



ディノ
ディノ
ごめん遅くなった
u
u
大丈夫!ゲームしてたので!
ハニ
ハニ
呑気かよㅋㅋㅋ
u
u
じゃあ早速話にはいろうか!





私たちはそれぞれ飲み物を買って


近くの椅子に座る


u
u
まずはジフニオッパのから話した方がいいよね


私とジフニオッパは



ジフニオッパに起こったこと全て二人に伝えた



















そして



私とディノオッパに届いた手紙のことも


ウジ
ウジ
なんだよそれ
ウジ
ウジ
じゃあそのサセンは何か知ってるってこと?
ハニ
ハニ
多分
ディノ
ディノ
ヒョンに起こってる今回のも、その『気をつけて』なんだと思います
u
u
私はジフニオッパに届いた手紙、スタッフの工作だと思う
u
u
宿舎に入るまでは他のサセンもできるかもだけど
u
u
実家の写真を撮れる、しかも両親に怪しまれないで
ディノ
ディノ
スタッフなら出来るよね
ディノ
ディノ
ビデオつくるから取材、とか言えばだいたい上がらせてくれるし
u
u
そう
ハニ
ハニ
掃除された日、その日は何人かメンバーが宿舎に帰ってたし
ハニ
ハニ
怪しまれないってならスタッフだな
ディノ
ディノ
その宿舎に帰ってたメンバーに話を聞いてみましょう
ディノ
ディノ
その日スタッフが中に入って来たか
ウジ
ウジ
ウォヌとホシだった
u
u
撮影って言えば入れます
u
u
オッパたちがもしそう答えたらこれは黒ですね