プリ小説

第3話

どうすれば…
ある日の放課後
マリ)あなたちゃーん?
あなた)ん?
マリ)今度さお食事会があるんだけど来ない?
あなた)え?マリウスくんの親戚でしょ?
マリ)そうだけど人数が足りないの。だから友達連れてきてもいいって言われたの
あなた)マリウスくんがいいなら…
マリ)いいって言ってるでしょっ
あなた)うん。ありがとっ( ≧∀≦)

当日
あなたは私服で来てしまった
あなた)え…?ま、まって。マリウスくんてこんなにすごいの…?
マリ)あなた~
あなた)ま、マリウス
マリ)それ可愛いねっ
あなた)私服で来ちゃった…
マリ)うんっ可愛いからいいよ?
あなた)周りの目が…
あなたをじーっと見ていた人たちが急にそっぽを向いた
マリ)あ、ちょっと呼ばれたから行ってくるね
あなた)うん…

婆1)なにあの子…普通私服で来るのかしら…
婆2)マリウスの友達?もうちょっといい子連れてきなさいよ…
あなた)なんか言われてる…帰ろうかな…
ガシッ
あなた)え?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

💚松島のお茶💚🍵
💚松島のお茶💚🍵
プリ画像でも妄想小説書いてます☺ フォローしてくれたらありがたいです(*´・ω・`)b
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る