無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

久しぶり
なぁ、紗季。
紗季
んー?
今日さ、久しぶりにさ三代目の皆さんとかEXILEの方とか集まりたいって居てるけどいい?
紗季
うちに?
じゃなきゃ言わないよ笑笑
紗季
咲笑と優友手伝ってくれるなら。あと、そんなうるさくしないなら
りょーかい。
あ、6時頃来るって!
紗季
ご飯用意しとかなきゃいけない系?
うん、多分。買い物行ってこよっか?
紗季
いいよ、私行く
いや、俺が残ってると泣いた時どうすればいいかわからんから。
紗季
あ、そう笑じゃ、咲笑と優友連れていこっか?
いや、それは、1人で寂しい😒
紗季
ふふっ、じゃあみんなで行く?
行く!!
紗季
初めからそれを望んでたりしてない?
そ、それは····
咲笑
まぁまぁ。
紗季
どうしたの?咲笑。
咲笑
おかいのもいくのぉー?
紗季
うん!咲笑も優友も一緒だよ?
咲笑
😊😊やったー!
紗季、さっき咲笑お買い物じゃなくておかいのもって言ってた笑笑
紗季
そうそう笑可愛かった笑
咲笑
おかいのも?
紗季
うーん、ちょっと違う·····
咲笑、おかいのもじゃなくて、お買い物だよ?
咲笑
お買い物?
紗季
そうそう!よく出来たね!
咲笑
ゆとにも言ってくるー!
紗季
いってらっしゃーい!😊
可愛い笑
そういえば、何買ってくる?
紗季
何がいいかな·····
紗季
咲笑と優友に聞いてみる?
だね。
咲笑
ままぁ。
紗季
んー?
咲笑
ゆとといっちょの服着ちゃい
紗季
いいよ!持ってくるからパパと待っててね?
咲笑
うん!
数分後
紗季
はい!これ。着ててね?
優友連れてくるから。
咲笑
わかっちゃ!