無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

377
2020/02/12

第3話

気づけるよ
樹side

あいつら、いつまでこうやってるんだよ…











お互い相手の事思ってるんだろ?
田中樹
田中樹
きょも?大丈夫??
京本大我
京本大我
樹…
田中樹
田中樹
俺、きょもの味方だからね
京本大我
京本大我
ありがとう!でも大丈夫だから
あぁ、こうやつていつも無理してるんだよな?
本当は北斗と昔みたいな関係になりたいんだよな。
北斗を待ってるんだよな
田中樹
田中樹
そっか、じゃあ行くぞ?
でもな?















待っていたら相手が来るなんて事無いから。。
俺だって…そうじゃんか
スタッフさん
田中さん!
もうすぐだからメンバーに声掛けて貰える??
田中樹
田中樹
あっ、了解です。
スタッフさん
お願いします!






ガラッ
田中樹
田中樹
3人とももうちょっとでリハだから準備して
京本大我
京本大我
あ、樹待って!!
田中樹
田中樹
一緒に行く?
京本大我
京本大我
うん!

ほんときょもは可愛いよな…



待ってちゃダメだよ?自分から行かなきゃ




















大丈夫、きょもならすぐにその事が気づけるよ
そう思いながら俺はきょもの白くて綺麗な…守りたいと思えるような横顔を見つめていた。