無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

ポエムみたいになっとる←( 。∀ ゚)
隣のあの子はクラスのヒロイン







そう、あれは桜が散る晴れた春の日で

僕は君に声をかけたんだ

だから聞いてよこの気持ち

3年間の片思い。。。









恋心を抱いた君はクラスのマドンナ
誰からも人気のクラスのヒロイン
それこそ僕にはもったいないな
微笑む姿はまるで魔法みたいだ



そんなある日のクラス替え
君ととなりの席だった
まるで神様の満ち引きのように
僕は君に惹かれて言ってんだ







そんなに優しく微笑まないで
勘違いしてしまいそうになるから
でももしかしたらって思うんだ
少し期待してもいいですか?





嗚呼




恋しちゃったのは君のせいです
もう君以外愛せないんです
君が微笑む度に胸が高まって
またまた惹かれていくんです
独り占めしたくなっちゃって
誰にも渡したくなって
君以外見れなくて





あぁほんとに僕って駄目だな。
作者
作者
、、、早く歌の続き考えないと友達に怒られるのでリクください←