無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第152話

屋上
登ちやん
登ちやん
ハアー
NAOTO
NAOTO
広臣
登ちやん
登ちやん
NAOTO
NAOTO
NAOTO
どうしたの
登ちやん
登ちやん
じゅんからメール来なくなつてそれで海外に行っただろう
NAOTO
NAOTO
おう
登ちやん
登ちやん
仕事が忙しいくてメール出来ないて言うて合間にメール出来るだろうて言うたら出来ないて云われてそれで別れた
NAOTO
NAOTO
でもじゅんは合間にメール出来なかつたよ
登ちやん
登ちやん
エー
NAOTO
NAOTO
じゅん休憩無しで仕事してた
登ちやん
登ちやん
マジ
NAOTO
NAOTO
じゅん休憩無しで寝不足だつた
登ちやん
登ちやん
マジ寝てないのか
NAOTO
NAOTO
多分
登ちやん
登ちやん
ハアー
NAOTO
NAOTO
アツシにも聞いたけど休憩ナシ、寝不足なんだ。てアツシも言うてた。
登ちやん
登ちやん
そんな、