無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

992
2021/01/17

第26話

時は過ぎてく。
翔吾 side


今日はあなたのE-girlsとしてのLASTステージ。

某ウイルスの影響でLIVE会場には来ないでっていわれてた。

まぁ、しょうがないって思いつつもメンバーと会議した結果…
RAMPAGE
来ちゃった…
そうです、来ました。

早朝からメンバー皆であなたを見送って

その後別車で来ました。←

なんで!?なんで来てんの!?(今更)
翔吾、あなた泣いちゃうかな…
翔吾
そうですね…E-girlsの解散決まってから1回も泣かないで前向きなあなたでも今回ばかりは泣いちゃうかもしれないですね…
そう、あなたは本当に1回も泣かなかった。

誰よりも強くて、いっつも慰めてた。

それはランペメンバー皆が分かってること。

そうしてるうちにドキュメンタリーの時間になって皆携帯を弄らずに真剣に見てる。
You
E-girlsが私の帰る場所だったんです。
たっくさん辛い事もあった。
沢山皆とぶつかって沢山喧嘩した。
それでも私にとっては帰る場所でした。
だから帰る場所が28日を迎えたら無くなるなんて信じられません。
それでも時は過ぎてくからLASTLIVEの皆の笑顔を胸に焼き付けて過ごしたいです。
皆泣いてて、、、

普段泣かない壱馬でさえ泣いてて。

皆こんな想いだったなんて思わなかったと思う。

ほんとに辛いんだろうな…

LIVE始まってメンバーはlastら辺で生で観に行くって決めてた。
LIKIYA
あなたってこんなに成長してたんだね。
そうですねぇ、
普段近くにいるから分からなかったけど
すっごい成長してましたよね。
あなたさんってほんとに凄い。
やっぱり皆さん泣いてるけどあなたさんは笑顔で皆を励まして…僕だったら出来ません。
RIKU side

最後のトークになった時に皆で移動して、

E-girlsさんの言葉を生で聞きに行った時に

後少しであなたって所で僕らを見つけたみたいで

すっごい驚いてこっち見てて…笑
You
今日、LIVEをしてる時に私は2つ思った事があったんです。一つ目はやっぱり私にはE-girlsがあったから今があった、って事です。二つ目は…私は昨日も今日も明日も明後日も明明後日も一年十年二十年経ってもE-girlsが大好きな存在って事です。
…ほんとに9年間応援して頂いてありがとうございます。来年からは道は変わりますが皆の暖かい未来を応援していただけると嬉しいです。
やっぱりあなたも泣いてて、、、

ランペメンバーも皆泣いてて、、、

E-girlsの皆も泣いてて、、、

最後の曲の時にはあなたは普段の笑顔とは裏腹に今まで見た事が無いくらい感情が露になって涙を流してて…

ほんとにE-girlsの存在は大切なんだろうなぁ、

ってメンバー皆が見ながら思ってたと思う。











作者です‪☺︎‬
少し余裕出来たので更新これからします!!