無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

🦁
私達は、どんどん








すれ違っていた












意外な壁










てひょん
てひょん
はぁー。
〇〇
〇〇
なに?
〇〇
〇〇
私のご飯まずいの?
てひょん
てひょん
いや、
てひょん
てひょん
美味しいよ、
〇〇
〇〇
はぁー。
〇〇
〇〇
嫌なら食べないで。
なに、この感じ。







やだな。







生きにくい。









てひょん
てひょん
なんで、泣いてるの、
〇〇
〇〇
だって、!
〇〇
〇〇
てひょんが、冷たいからでしょ、!
強く言い放ってしまった。









でも、







私は、てひょんなら、









慰めてくれる。て思ってたから。









そういう行動をとったのに、










思ってなかった。








そんな事言われるなんて、



















てひょん
てひょん
もう、やめよう。