無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

私の事




こんにちは こんばんは おやすみなさい。

わたしはあなた。

高校は辞めた、、、行けないから

その理由はね…










2ヶ月前お母さんが亡くなってしまった。

そしてお父さんは酒を飲む日々。更には

凄く意地悪なヤツと私の許可無く

再婚した…。





私は2人が大っ嫌いだ。
















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━










最近は部屋にこもりっきり。

ストレスとか溜まりすぎて、学校にも行けてな

い。






理由はアイツや父からの暴言、暴力。

警察に言いたいのに体が動かない

そして、通報すると何をされるか分からない



向こうは私の体に傷が残らない程度で

頻繁に暴力を振るう。







もう、耐えられない…


家を出ていくことを決めた。








私の、部屋には本当に何も無い。





ベット、椅子、机だけ




なぜなら元々物置だったところだから

あいつらに部屋を取られた。






だから、荷造りは簡単

リュックサックにスマホ、財布、ちょっとした

化粧品など、必要なものだけ詰めた。












もうこんな家戻ってくるもんか。