前の話
一覧へ
次の話

第16話

1,072
2021/03/17 13:12
__ガチャ

『あ!おかえり!』

洸希「ん。」

チュッ

『ん?!、、ちょ、』

だめだ、、右手で後頭抑えられてて離れられない、、息が、、

『んー!!』

洸希「ねぇ、、シよ?」

『え?ちょ、ちょ、』

私を普通にお姫様抱っこしてベッドへ運ぶ

洸希「ん。可愛い。」チュッ

『んっ、、、ね、いや、』

洸希「これだけで感じてる?w可愛いなぁ〜あなたw」

慣れた手つきであっという間に服を脱がされ
なんも躊躇いもなく揉んでくる、、

『ね、、む、、りっ、』

洸希「可愛いwたってるよ?パク」

『ちょ、、ん、、』

口の中でころがされる、、なんか、変な感じがする、、

洸希「誰もいないから声出して?」

『いやっ、、だ!、』

こんな会話をしてても、洸希の手は止まらなくって、だんだん下へと降りていく

洸希「あー、もうべちゃべちゃw使いものにならないじゃん。」

『いやだっ、、』

洸希「何本入るかなー?w」

『やっ!、、ふん、、』

洸希「んww声かわいいwおー、3本も入った。」

『ねぇなんか、、やだ、』

洸希「ふwなにが?」

洸希のが欲しいなんて言えない、、、

洸希「なーに?あなたちゃん。ちゃんと言ってじゃないと指動かさない。」

と言って指がピタと止まる、

ビクビク

洸希「あなたちゃーん、腰動いてるよ?w早く答えて、なに?」

『こーきの、、ほしっ、』

洸希「なにを?w」

『んー、、いじわるっ、!(泣』

洸希「ごめんごめん可愛い彼女ちゃんポンポン」

『こーきの、、いれ、て、』

洸希「ん。っ、、はいっ、た、」

『んー!!、、くっ、やぁら、』

洸希「やなのっ、?だ、、すっ?」

『それはもっと、や、、』

洸希「可愛すぎ、、//あ、ちょっ!、、閉めんっな、、」

どんどん動きが加速してく、、、

『あ!やぁ!!!』

洸希「ごめ、、優しくできないかもっ、、」

『い、くっ、、』

洸希「お、れもっ、、」


___こうして2人は果ててった、、








__バサッ!!


『なにあの夢、、、てか、可愛い彼女って、あれ?』


ん?、なんか、、胸に違和感、、って、!

『ちょ?!!お兄ちゃん!』

洸希「んー、?」

『手!、、//』

洸希「あっ?!、、ご、ごめ、」

『う、うん、//』

うわ、絶対お兄ちゃんのせいであんな夢見た、、

それにしてもなんで、、付き合ってる設定だったんだ、、、、

洸希「なぁ、、」

『な、なに?』

洸希「してみる?」


『な、?!なにを??!!!//』

洸希「え、だから、スケボー、、」

『あ、あぁー、、してみたい、、』



____________
リクエスト 付き合った設定のR18

リクエストありがとうございました!
想像と違ってたとおもいますが、、R系
初めてなので、、お許しを!w


まだまだ募集してます。

プリ小説オーディオドラマ