前の話
一覧へ
次の話

第1話

始まりは
林 恭平
な!な!

ほんま、お願い!!

もう、決めたんだって!!
蘭子
はぁ??
何なんですか??
林 恭平
一目見たときに

コイツだァァァァ!!

ってさ。
高校入学早々に、

へんな男に

つかまってしまった。
蘭子
意味がわかりません。
林 恭平
いや、、

ほんま!!!

もう、運命なんだって!!
何なのだこれは、、、

わたしは

身長170、3センチ。
体重、、、あまり言いたくないが
0、1トン。。
物心ついたときから、
ずっと、、ぽっちゃりなんて可愛いもんじゃない、

〘デカ女 〙
〘レスラー 〙
〘壁 〙
〘 巨人〙
などと呼ばれてきたのだ。

決して、、、

一目惚れなんてされるような女の子ではないことくらい、

わたしが、1番知っているのだ。
林 恭平
絶対っっっ!!

俺とくんだら、

面白いって!!


世界とりにいけるって!!
蘭子
、、、、。
身震い。。

本当に変な人に、、

出会ってしまった。