無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

177
2019/06/07

第8話

🍋
jk  side





あれから時が経ち、俺は

27歳になっていた。




特に好きな物も無く

何かが特別できる訳でもない。



ただのそこら辺に居る平凡な会社員。








あの日以来、ミナとは縁を切り、

今は彼女も居ない。










でも、あの日以来








どこに住んでるか知らない幼馴染を今でも時々思い出す。







彼女は元気にしてるだろうか

もう相手がいるのだろうか



すごく気になってしょうがない。





だって、あんなに愛した人は



世界でたった1人、、







パク あなたしかいないから。