無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

§58
コンコン…🚪
you
you
ん?誰だ?
you
you
はーい
ユンギ
ユンギ
you
you
ユンギオッパーですね!
今開けます!
ガチャ🚪
you
you
どうしたんですか?
ユンギ
ユンギ
さっき悲鳴聞こえたけど大丈夫か?
you
you
え?!聞こえました…
ユンギ
ユンギ
うん
you
you
なんか色々考えてたら頭がこんがらがっちゃってㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
疲れてるんだな…(頭ポンポン)
ユンギ
ユンギ
お疲れ様
you
you
(//∇//)
ユンギ
ユンギ
ん?
ユンギ
ユンギ
顔赤いよ?
ユンギ
ユンギ
どうしたの?
you
you
いや!別に!
ユンギ
ユンギ
そうか
ユンギ
ユンギ
またな夕食の時呼びにくるからな
you
you
はっ…はい!
バタンッ🚪
you
you
(なんだ今のは…!)
you
you
(夢?)
頬をつねる
you
you
痛い…
you
you
いやこれだけじゃ信じられない…
you
you
カッター…カッター…
(頭の中真っ白です)
you
you
あった!
you
you
腕切れば…夢かどうか見分けがつく…
ガチャッ🚪
V
あなたぁ〜
V
!!!
V
何してるの!カッター持って危ないよ!
you
you
!!!
you
you
あれ!何してるの?私
V
大丈夫?
you
you
今日色んなことがありすぎて、頭がごちゃごちゃしてきて…
おかしくなりそうでそれで…

ペラペラペラペラペラ…………
V
うんうん
V
分かるよその気持ち

僕も疲れてる時は頭がおかしくなりそうになるもん!
V
ご飯食べてお風呂入ってゆっくり寝るといいよ👍
V
そうだ!これあげる!
テテがくれたのは










ラベンダーの入浴剤だ
you
you
わぁ〜ラベンダー!
V
わかった?あなたはお鼻がいいね!
you
you
私ラベンダー大好き!
V
そっかそっか!
V
これお風呂に入れて
いきなりハグ


そして口が耳に近づく
V
ゆっくり休んでね。ボソッ
you
you
\\\\
you
you
うん…!
you
you
(疲れてるんだ…疲れてるんだ…)
V
じゃあね!
you
you
うん
バタンッ🚪
you
you
ぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!
you
you
なんかいつもと違う!!!!!