前の話
一覧へ
次の話

第95話

番外編②
2,016
2020/08/10 05:27
櫂醨:無一郎、義勇も、、、さっきからどうしたの?お蕎麦食べないでずっと轟くん見て、、轟くん見に来たいって言ってたけど、どうして、、、?

無一郎:ちょっと、、ね。

義勇:観察している。

櫂醨:轟くん観察??、、、轟くんがお蕎麦を美味しそうに食べるから気になっちゃったの?

無一郎:まぁ、、そんなとこかな。(違うけど。)

義勇:あぁ、その通りだ。(違うが、、)

焦凍:(食べづれぇ、、)

櫂醨:轟くん観察も面白そうだけど、せっかく轟くんオススメのお蕎麦屋さん来たんだよ?食べよう?

無一郎:櫂が言うなら!

義勇:ん、、、

焦凍:(どうせ、、蕎麦じゃねぇだろ、ここに来た目的、、櫂だろ、、、?)

無一郎:(うん、それ以外あると思う?)

義勇:(ないな。)

焦凍:(言っておくが櫂は渡さねぇからな?)

無一郎:(何カッコつけちゃってるの?僕がもらうからね?)

義勇:(いや、俺が、、)

焦凍(無理だな。もう櫂は俺のものだ。)

焦凍・無一郎・義勇:ジリジリジリ

櫂醨:(何してるんだろ、、睨み合ってるの??仲良くなかったのかな、、、?)

無一郎:櫂っ!!今度さ、僕と一緒に飴細工のお店行かない?すっごく人気のお店なんだよ!

櫂醨:えっ、飴細工?!

義勇:俺も行く、、、

無一郎:ううん、冨岡さんは来なくて良いからね??

義勇:俺は櫂についていくだけだ。

櫂醨:アハハ、、、でも、ごめん、行けない。行くなら轟くんと行くよ!

無一郎:え?!

焦凍:?!

櫂醨:だって、付き合ってる相手が他の異性と一緒にいたらいけないって蜜璃が言ってたからね!轟くんに悪いでしょ?

無一郎:か、甘露寺さん、、、(言わなくて良いのに!!)

櫂醨:でも、飴は好きだから、お店は教えて欲しい!

義勇:、、、櫂が言うなら仕方ない、、か。(ここは諦めるしかない。しつこいと思われたくないしな。)

無一郎:うぅ、、、分かったよ、、(悔しい、、、!!なんでこいつ、先に櫂を取っちゃうかなぁ??)

焦凍:(嬉しい、、)

櫂醨:ってことで、轟くんは今度一緒に飴細工のお店、ついて来てくれる?

焦凍:あぁ、勿論だ。

櫂醨:ふふっ、嬉しい!、、、ほら、無一郎も義勇も食べて?全然減ってないよ?

無一郎:うぅ、分かってるよぉ、、、

義勇:あぁ。

櫂醨:??美味しいと思うけどなぁ、、流石、お蕎麦大好きな轟くんのオススメだね!

焦凍:あぁ、ここのはいつ食べても美味いからな。

プリ小説オーディオドラマ