無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🏐 ×30
健太side




俺氏さっきからずっとドキドキしてます。




瑠唯
瑠唯
健太、1回落ち着いて??
 拓磨
拓磨
瑠唯さんも落ち着いて‪w‪w
瑠唯
瑠唯
俺は落ち着いてるよ
 拓磨
拓磨
るーいさんちょっと外行きましょう
瑠唯
瑠唯
うん?
THE RAMPAGE
THE RAMPAGE
いってらー





拓磨side




*外のベンチに座る*





 拓磨
拓磨
るいさん、泣き目だよ
瑠唯
瑠唯
いやっ、そんな事は...
 拓磨
拓磨
泣きたいなら泣いていいんだよ、
 拓磨
拓磨
健太の胸じゃなくて俺の胸しか無いけど
瑠唯
瑠唯
お借りします...
 拓磨
拓磨
はいっ!(腕を広げる)
瑠唯
瑠唯
な、んでっ...(泣)
瑠唯
瑠唯
俺のほーが、さきにっ、好きだった(泣)
瑠唯
瑠唯
なんでっ、会ったことも無い奴が健太、をとるんだよ、(泣)
瑠唯
瑠唯
ずっと、ずっと思ってたのに...(泣)
瑠唯
瑠唯
男と男じゃダメ、なの?(泣)
 拓磨
拓磨
そんな事ないよ、
瑠唯
瑠唯
だって...!(泣)
 拓磨
拓磨
今回がたまたまそうなだけで、瑠唯さんが好きになったらその人を好きでいていいんだよ
 拓磨
拓磨
瑠唯さんは何も間違ってないんだから
瑠唯
瑠唯
ほんとに...?
 拓磨
拓磨
ほんとだよ
瑠唯
瑠唯
そっか、うん。もう大丈夫
 拓磨
拓磨
ほんとに?無理してない?
瑠唯
瑠唯
ほんとに!無理してない!
瑠唯
瑠唯
大丈夫。
 拓磨
拓磨
分かった楽屋に戻ろうか
瑠唯
瑠唯
うん