無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

II
762
2021/06/29 14:39
あぁ、まただよ…



大我は懲りずにまたもやメンバーやスタッフさんとお話に夢中で俺なんか構ってくれない。


俺だって、これが大我の撒いた罠なんだって事は重々承知している。


が…問題はそこじゃあ無い、撒いた罠だと理解しているのにまんまとハマって毎日のように大我にお仕置きを与えてしまう。


本当は駄目だとわかっているのに、お仕置きを受けて苦しんでいる大我の顔が俺の脳裏に焼き付いて離れないのだ…


そのため今日も…
















大我を虐めてるのだ…