小説更新時間: 2024/02/06 11:47

完結

ほんの少しの安息地

ほんの少しの安息地
  • ノンジャンル
  • 夢小説
  • 君の幸せを祈ってるよ
ここは藤の花の家紋の家。
私は嫁いだものの子供に恵まれなかったために実家に戻されてしまった。
そんな時、ここ本家で藤の花の家紋の家をしている主、母方のお祖母様が居場所のない私を呼び寄せてくれたのだ。

****************

お家によっても、藤の花の家紋の家によっても違うとは思いますので、言葉遣いや対応のちぐはぐな所はご容赦下さいね。

主人公の「私」は大人ですが、かなりの童顔で見た目は17歳位です。

写真は昔撮った藤の花です

チャプター

全8話
まながつお

まながつお

が好きなあなたにおすすめの小説

いつまでも覚えてる、君が奏でたさよならのメロディを

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る

公式TikTokの注目動画

もっと見る