無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ある日……
高花〇〇
朝か……
高花〇〇
起きなきゃー
ママ
あなた!
ママ
起きなさーい
高花〇〇
うーん
起きる時間。
体を起こして立ち上がった瞬間……
バタン!!!!


















……。


目を覚ますとそこはベットの上だった


高花〇〇
あれ……
ママ
あなた!
高花〇〇
ママ……
高花〇〇
またか。
ママ
気抜いてたでしょ?
高花〇〇
うん
ママ
ダメだって言ってるでしょ?
高花〇〇
はい
高花〇〇
ごめんなさい
ママ
学校には電話しといたから、今日は休みだから
高花〇〇
はーい
高花〇〇
これだと今日一日中このままだなー
高花〇〇
暇になっちゃうよ
♪♪〜
高花〇〇
……?
高花〇〇
ゆら……?
岸本ゆら
もしもし?
どーしたの?
高花〇〇
いつものやつ
岸本ゆら
そっかー
岸本ゆら
明日来れそ?
高花〇〇
うん、多分
岸本ゆら
ななとみなみ心配してるよー
今石なな
大丈夫?!
今石なな
急に休むから心配したじゃん
高花〇〇
ごめんねみなみ
馬場みなみ
大丈夫そう?
高花〇〇
うん、ありがとね……
心配してくれて!
馬場みなみ
当たり前でしょ
馬場みなみ
明日は来てよー
高花〇〇
うん!
少し話して電話を切った
高花〇〇
あ、ご飯食べないと……
そー思って起き上がろうとした……
高花〇〇
ハァ……ハァ……
起き上がろうとしただけなのに息が上がる
苦しい
高花〇〇
ママァ……
ママ
どーしたの?
高花〇〇
ご飯……食べたい……
ママ
持ってくるから待ってて、
高花〇〇
うん、、
数分後━━━━━━━━━━━━━━━。
ママ
あなたー
ママ
持ってきたわよー
ママ
あなた!!!!
あなたはそこで気絶していた……