無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第96話

91話




ゆんぎside




少しだけ酔った。




きっと酔ってる( ˙-˙ )☜は




ちなみに、俺はそんなことをいい気にしてあなたに運んでもらった☜は




そして、ちょうど少しだけ酔いが覚めたと思い起き上がってみると




じみなとあなたが話している声。



なんだあいつらまだ仲良いじゃねぇか( ˙-˙ )



とか思いながら その場にいたんだけど



え?いきなり あなた怒ってね?お?( ˙-˙ )




って思って話聞いてみたんだけどさ





いまいちよく分からなくてとりあえず




じみなが俺がいる部屋の前にいるっぽいから




ドアの隙間から じみな呼んでみたわけね




そしたら




🐥「………妖怪だ」




なんて言われたけど今の俺はそんなことどうでもいい。





だって















こいつが俺の好きなやつ泣かせたんだわ





そりゃあ俺が妖怪だの言われても引き下がらねぇわけだよ







🐭「じみな……」























🐭「少し……お話しようや」






next