小説更新時間: 2024/02/24 14:07

連載中

戸狩派“裏”№1,愛されすぎな件

戸狩派“裏”№1,愛されすぎな件
  • ノンジャンル
  • 夢小説
  • この手で守れるもの
戸狩『誰かこの資料やってくれへんか〜?』

皆 『・・・・・』

戸狩『…じゃあ○○、頼むで』

○○『え゙?私今他の資料やってるんですけども!?』

戸狩『そか、じゃあ室屋、頼んだぞ』

室屋『…俺は岸本の世話で忙し過ぎて無理です(?)』

岸本『室屋の兄貴!室屋の兄貴!!』

○○『本当だ…忙しそう←←←←←』

渋谷『…じゃあ…戸狩の兄貴、俺がやりましょか?』

戸狩『いや、渋谷、お前はええ。よく間違えるからな』

渋谷『あ…はい…分かりました……』

○○『…やっぱり私がやります!!!』

戸狩『ありがとな!!やぱっり渋谷より頼もしい!!』

渋谷『戸狩の兄貴…それどいう意味でっか???』





戸狩派“表”№4,本当は“裏”№1





_________________
・🐢or🐌投稿
・…なにこれ(((自分で言うな
・エセ関西弁⚠️注意⚠️

城戸派ver.⇢novel/9JgDKT+
戸狩ver.⇢novel/DLdZew+
渋谷ver.⇢novel/6ItozH+

チャプター

全11話
14,756文字

が好きなあなたにおすすめの小説

陽道寺探偵事務所

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

プリ小説オーディオドラマ

公式TikTokの注目動画

もっと見る