無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

モテ仕草
あなた

ふわぁ…

宮舘 涼太
宮舘 涼太
あなたおはよう
あなた

だてさまいつも早いなぁ

宮舘 涼太
宮舘 涼太
いつも同じ時間に目が覚めちゃうんだよね
あなた

そうなんや!

あなた

早起きは三文の徳っていうしね!

あなた

それで、今日の朝ごはんはなんでしょうか!?

宮舘 涼太
宮舘 涼太
今日はね、昨日の残りのカレーを使ってカレードリアにしようと思う
あなた

最高ピーマンでございます!

宮舘 涼太
宮舘 涼太
机に頭打ち付けちゃってるじゃん
あなた

手伝うことある?

宮舘 涼太
宮舘 涼太
洗濯はいいの?
あなた

うん、今回してるから大丈夫やで!

宮舘 涼太
宮舘 涼太
そっか、じゃあ手伝いお願いしようかな?
あなた

よっしゃ!任せてや!

あなた

あ、だてさま捲ってた袖落ちてきてる

宮舘 涼太
宮舘 涼太
あ、ほんとだ
あなた

じっとしててな

あなた

ほい、できたで!

宮舘 涼太
宮舘 涼太
これが巷で噂の袖クル
あなた

え?

宮舘 涼太
宮舘 涼太
あなたも手洗いな
あなた

うん!

宮舘 涼太
宮舘 涼太
ちょっと後ろ向いて
あなた

!?

宮舘 涼太
宮舘 涼太
これが袖クル
宮舘 涼太
宮舘 涼太
男性が後ろから女性の袖をクルって捲ってあげるモテ仕草らしいよ
あなた

ねぇ、バックハグしたまま喋らんといて…

宮舘 涼太
宮舘 涼太
なんでかな?
あなた

もう!楽しんでるやろ!

あなた

(鼓膜が喜んでます)

宮舘 涼太
宮舘 涼太
照れてるんでしょ
宮舘 涼太
宮舘 涼太
ほんとにあなたは可愛いね
あなた

…私のライフは0です

だてさまがロイヤルすぎてその日一日中心臓が苦しかったです