無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

僕は余命一年。

恋愛

僕は余命一年。

6
53
2,457
2021/05/18
夢小説
オリジナル
連載中
デイリーランキング最高 21 位(オリジナル)
どの生き物もいつ死ぬのかどうやって死ぬのか生まれた時から運命が決まってるらしい。

僕は捨てられた犬。そんな時君が僕を拾ってくれた。僕は君が好きで好きで仕方なかった。君の言ってることはなんとなくわかるけど僕の言葉は君には通じない。
ある日外で散歩してたら僕は車には轢かれて死んだ。目が覚めると天国。神様が僕に話しかけた。
君は死ぬ予定ではなかった。君は今死ぬ運命じゃなかった。10万の1に起こる確率らしい。
だから君の願いを一つ聞こう。だが余命は一年。どうする?




僕は人間になりたいといった。そして拾ってくれた僕を愛してくれた君を僕は人として君を愛したい。


神様は言う。
ただしこのことは絶対に自分の口から人間に言ってはいけない。動物に言ってもいいらしい。

言ってしまえば、君の命はすぐになくなると。


わかった。僕は人間になりたい。そう答えた。

チャプター

全42話
続きから読む
並び替え

この作品のタグ

恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る