無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

恋人協定を結びました。
翌朝、校舎入口。
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
はぁ…
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
(結局二人に何て返事すれば良いのか、分からないまま朝が来てしまった…)
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
うーちゃん、おはよ!
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
わっ!虎谷先輩、おはようございます(いきなり過ぎる!というか、待ち伏せされていた?)
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
ちょっとこっち来て
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
えっ…(ここは、空き教室?)
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
昨日の返事、聞かせて欲しいんだけど
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
えっと…
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
まぁ、突然男から告られても、驚くよね?
でも、付き合うからには大事にするからさ
深く考えないで、軽いノリでOKしてくれても大丈夫だよ
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
(優しい口調だけど、僕、今、迫られてるよね…)
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
あっ!
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
ん?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
………
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
辰山…
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
悪い、覗き見するつもりは無かった
卯月に用があったんだが、あなたは誰ですか?
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
俺は虎谷
三年ね
今うーちゃんに告白の返事聞いてるとこ
邪魔しないでくれる?
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
先輩、そんなこと話すなんて…
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
見られてたんだから、どっちにしろバレてんじゃん
驚いたかもだけど、俺、この子のこと好きなんだ
ちょーっと向こう、行っててくれる?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
いや、行かない
俺も卯月が好きで、昨日告白したから
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
辰山!
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
え?マジ?すげぇ偶然
そんじゃ、うーちゃん、どっちにすんの?
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
俺も卯月の気持ちが知りたい
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
そんなこと言われても…
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
僕、そもそも誰かと付き合ったことなくて…
突然男子二人に告白されても、何て答えたらいいか分からないよ
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
卯月…
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
なるほどねぇ…
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
じゃあ、こうする?
取りあえずお試しでさ、俺たちと付き合ってみんの
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
付き合うってどういうことか分かったら、俺らへの気持ちも固まってくんじゃない?
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
お試しって、そんな気軽に付き合うなんて
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
先輩、いいアイディアですね
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
えぇっ!
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
俺も誰かと付き合うのは初めてだし
ゆっくり二人のことを知ってもらってから、返事してくれればいい
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
ゆっくり…
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
そうだ
そうと決まれば先輩、タイムスケジュールを組みましょう
お互いフェアになるように、時間配分をするんです
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
おぉ!さっすが副会長
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
えー…
十分後。
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
大体は決まったかな
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
平日朝は、家が近い先輩と登校
昼休みは、同じクラスの俺と過ごす
放課後は、バイトがある日は先輩と、無い日は俺と帰る
辰山(たつやま)
辰山(たつやま)
土曜はバイトがあるので先輩と、日曜は俺とデート
これで良いだろうか
虎谷(とらたに)
虎谷(とらたに)
異議なーし!
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
(このスケジュールって…)
卯月(うげつ)
卯月(うげつ)
(僕が他の友達と過ごす時間、全然無くない!?)←気付くのが遅い