無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

thirty-three 期待と不安


どうしようっ!


もうドキドキし過ぎて死にそうなんだけど!←


はいっ察した人も居ると思いますが!!今日は私の初ライブです!!


わぁぁぁぁぁぁぁ!!


やばいめっちゃ楽しみなんだけど!!


グループLimeで行けない(仮)って事言ったし…よし!メイクさんの所行こっと!

スタッフさん
あ。あいすさんこちらです!
あいす
はーい
スタッフさん
あいすちゃん髪質いいね〜
あいす
ありがとうございます笑
スタッフさん
はいはい軽くお化粧しますね
あいす
はーい
スタッフさん
えと髪はどんな感じにしますか?
あいす
衣装があれだから…んー下ろしときますかね
スタッフさん
はいはい…1日で落とせますけど髪は染めますか?
あいす
所々染まってる感じに…
スタッフさん
あぁ〜所々ですねわかりました




あいす
わぁ〜めっちゃ可愛い〜
あいす
あっTwitterにあげないと!

あいす@Aisu_dayo
今日は初ライブですっ!

今日会えない子も会える子もいつも応援してくれて本当にありがとう

毎日頑張ってる君にお疲れ様の気持ちを込めて歌を投稿しています

私がライブをするなんて思ってもみなかった事なのでいつも応援してくれているリスナーには本当に感謝しています

いつもありがとう。皆大好き

(ライブの衣装を着てお化粧をしているあなたちゃんのお写真)
あいす
よし!
あいす
はぁ〜本当にドキドキする〜!

初めてのライブで初めてリスナーの皆と会えるのが楽しみでわくわくしている気持ちと


私自身を見てイラストと全然違う可愛くないなって思われちゃうのかな…って言う気持ちがある


まぁ初めてのライブだし、失敗しない事に集中しよっと

スタッフさん
そろそろ向かってくださいね〜
あいす
は、はーい…!

うぅ……コケたらどうしよう←…


大丈夫…大丈夫……



















会場いっぱいにリスナーのカウントダウンの声が大きく響き渡る
































“3”































“2”



































“1!!”





















目の前の扉が開いて私のイメージカラー緑のペンライトを持ったリスナーさん達が視界いっぱいに居る




















私はこんなにも応援して貰えてるんだ























全然可愛くなかったとか言うようなリスナーさんじゃないだろう





















少し罪悪感を抱きながら1曲目を歌い出した