無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

変わる
あの日、


ジミンが屋上に連れて行ってくれたその日から



テヒョンが以上に冷たい
テヒョン
テヒョン
あなた
You
You
起きてる
朝はむかえにきてくれる



でも





あなた




この一言で終わり
私たちの距離は確実に



離れていった
ジミン
ジミン
おはようあなた、テヒョン
You
You
おはよう
テヒョン
テヒョン
おはよう
ヨンジェ
ヨンジェ
あ、テヒョン!!!
ヨンジェ
ヨンジェ
おはよう!
You
You
おはようヨンジェちゃん
ヨンジェ
ヨンジェ
おはよう!!
テヒョン
テヒョン
ヨンジェ来て
ヨンジェ
ヨンジェ
う、うん////
ジミン
ジミン
……なんなんだよ、マジで……
2人は休み時間



必ずどこかに行ってしまいます
ジミン
ジミン
マジ、イラつく……
You
You
そんなこと言わないの



テヒョンは帰りだって



何も話してくれません
You
You
さ、帰ろうか
You
You
あ、ヤバいバイト!!!
ジミン
ジミン
あ、頑張ってね笑
You
You
バイバイちむ!!!
ジミン
ジミン
うん!!
ヨンジェ
ヨンジェ
あなたちゃん、私らには言わなかったね
ヨンジェ
ヨンジェ
何なんだろうね……
ジミン
ジミン
あなた慌ててたんだよ
ヨンジェ
ヨンジェ
そう?
ヨンジェ
ヨンジェ
なんか引っかかる、あの子……