無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

帰り道
あなた
あなた
で、どーゆーこと?
亜嵐
亜嵐
えーと…。事故の前に一緒に帰ってたじゃん。
その時言おうとしたら事故ったんだけど、
俺あなたが好きなんだ。お泊まり会でキスをしたのも本当は嬉しかったし、あなたといたら全部がキラキラしてあなたは星みたいだった。
あなた
あなた
待って、私も、私もだよ、亜嵐…大好きなの…亜嵐にはキスを教えてもらったし、人に恋をすることも教えてもらった。ドキドキするっていうことも教えてもらった。亜嵐はいつも私にたくさんのことを教えてくれた。いつも亜嵐との日々は永遠だと思ってた。でも、そんなのあるわけないかッ自分の気持ち伝えようって思ったら、事故しちゃって、結局伝えられなかった。このままじゃやだ。亜嵐あなたは私の星です。
好きで…
亜嵐
亜嵐
ちょっと待って!!
その続き言わせて?
亜嵐
亜嵐
俺の星はあなたです。
好きです。付き合ってくれませんか?
あなた
あなた
はい!!
チュッ
あなた
あなた
え!?!?
亜嵐
亜嵐
ダメかよ…我慢出来ない。