無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第71話

甘々さとみくん
pm11:23
さとみくんは今日はころんさん達と飲みに行っている。でも少し帰ってくるのが遅い気がする…
(なまえ)
あなた
大丈夫、かな…
そう思った矢先、
ピンポーンとインターホンが鳴った
ドアを開けると、ジェルさんに支えられたさとみくん
(なまえ)
あなた
じ、じぇるさんっ
ジェル
ジェル
ごめんなぁあなたちゃん〜、
ジェル
ジェル
なんか今日凄い飲んでさぁ
ジェル
ジェル
ころんの二の腕に噛み付いたぐらいヤバいから、気をつけてね
(なまえ)
あなた
えぇえ
さとみ
さとみ
ん〜、じぇるうぅ〜
ジェル
ジェル
はいはい、今日は風呂入ってすぐ寝ろよ。
ジェル
ジェル
ごめんねあなたちゃん
ジェル
ジェル
あとは頼んだ
(なまえ)
あなた
ありがとうございました、
(なまえ)
あなた
さとみくん、リビングいこ
さとみ
さとみ
んん〜
とりあえずさとみくんをソファに座らせてお水を飲ませた
さとみ
さとみ
ヒックッ
(なまえ)
あなた
飲み過ぎだよぉ〜
さとみ
さとみ
あなた〜抱っこぉ〜
さとみくんが抱きついてくる
(なまえ)
あなた
む…お酒臭い…
さとみ
さとみ
ひどぉ〜
(なまえ)
あなた
そんなに飲んだの?
さとみくんがこんなに酔っ払うほど飲むなんて珍しい。ストレス溜まってたのかなぁ、
(なまえ)
あなた
ごめんね…、?
さとみ
さとみ
ん?
さとみ
さとみ
なんであやまってんの〜
(なまえ)
あなた
私、さとみくんのことちゃんと助けてあげれてるかなぁ、
普段はこんなこと言わない。

さとみくんがこんなに酔っ払ってるから思わず言っちゃったけど、
するとさとみくんは私のほっぺをつねってきた。
さとみ
さとみ
あなたがいてくれるだけでオレは幸せらよぉ
(なまえ)
あなた
ほんとかなぁ、
さとみ
さとみ
すき
(なまえ)
あなた
さとみくん…
さとみ
さとみ
だいすき
さとみ
さとみ
あいしてる!
(なまえ)
あなた
…嬉しいな
さとみ
さとみ
自慢の彼女だよ
(なまえ)
あなた
ありがとう、
さとみ
さとみ
へへへぇ╰(⸝⸝⸝´꒳`⸝⸝⸝)╯
なにそれ、かわいい。

(なまえ)
あなた
チュッ
さとみ
さとみ
ンッ
普段私からキスはしないけど、次の日にはさとみくんは忘れてるだろうと思って、口にキスをした
さとみ
さとみ
さとみ
さとみ
もっと…ンッチュッ
(なまえ)
あなた
ンンッ!?
さとみくんの舌が私の口の中に入ってくる
さとみ
さとみ
ん…フ…ンチュ…
(なまえ)
あなた
ハァッ//んん…
さとみ
さとみ
あなた〜
さとみ
さとみ
したい…
(なまえ)
あなた
え?
さとみくんの手が私の服の下に侵入してくる
(なまえ)
あなた
ちょっ、
さとみ
さとみ
オレのこと癒やして?
さとみ
さとみ
チュッ
(なまえ)
あなた
ん…//




次の日、
さとみくんは頭が痛くて、私は腰が痛くなりました
_____________________
作者。
作者。
お気に入り100ありがとうございますm(__)m