プリ小説

第6話

まさかの?
シルク
あなた、ちょっといいか?
あなた

…?はい、なんですか?

シルク
こっち。
あなた

はーい

マサイ
愛美ちゃんは、誰推しなの?
愛美(みなみ)
あ、マサイ推しです…!
マサイ
ほんと!?嬉しいー!
愛美(みなみ)
ええ。なので、今目の前にいるのに信じられません…
ダーマ
ま、最初はそうだよね〜
















一方…
シルク
あのさ
あなた

うん。どうしたの?

シルク
俺…
シルク
お前の事、好き。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

血小板
血小板
中3です!受験生です! よろしくお願いします!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る