無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

告白
14
2017/12/20 11:30
体育祭のお昼休み。
会長と副会長が話していた。
愛華
話ってなに?
悠貴
俺さ、会長としてちゃんと責務果たしてるか?
愛華
大丈夫だと思うよ。
ちゃんと指示してくれるし、いう時は言ってくれるし。
悠貴
正直、自信ないんだよ。
愛華
まだ始まったばかりだよ?
私だって不安なことある。
でも、悠貴がいるから、私は安心できるの。
悠貴
そういうものなのか?
愛華
真依にも聞こうか?
みんな、悠貴が人一倍頑張ってるの知ってるよ。
だから、影で支えようってみんなで話してた。
悠貴
そっか…
愛華
だから、自信もって!
悠貴
ありがとう…