無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第31話

楽しみな一日の始まり
智
もなかおはよー!!
木原
木原
もなかー!!はろー笑笑
もなか
もなか
みんなー!!おはよ!!
やっと合流!

智のバスケしてるとこ見るの好きなんだよねー(笑)

学校でもたまーに?笑笑

でも、今日はたまにじゃないー!!!

テンションやばいわ(笑)


こんな感じのテンション。

他にいる友達からはすごい目で見られる。


ま、私は気にしない気にしない!!


もなか
もなか
ねーねー!なんかしよー(笑)
友達A
友達A
髪、綺麗にくくってあげるよー!
もなか
もなか
私、髪くくられるの好きじゃないー(笑)
友達B
友達B
智いるのに?(笑)
友達C
友達C
いつもといっしょでいいの?笑笑
もなか
もなか
うぅーーーーー!
友達A
友達A
こちらへどうぞー
ということで、髪をくくってもらうことにした。

10分くらいたっただろうか。
友達A
友達A
もなか!鏡みて!
もなか
もなか
え、ナニコレ…
友達B
友達B
だめー?
友達C
友達C
めっちゃいいと思うんだけどー
もなか
もなか
すごいよ…
もなか
もなか
天才天才!才能あるって!(笑)
友達A
友達A
ありがとー!!
友達B
友達B
智のとこ行っておいでー(笑)
そして智のところへ行くことになった。

でも、みてもらう前に…





















智がバスケ!!!

これは声をかけてる場合じゃない!

すごいなー!

めっちゃシュート入るじゃんー笑笑



そんなふうに一人で観戦して1日が終わった。

まぁ、私からすると最高な日だった。


帰ってから智の写真が送られてきた。


それが私の一番のお気に入りの写真となった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

はっぴーすまいる‪‪☺︎‬
はっぴーすまいる‪‪☺︎‬
文芸部所属。 (ほぼ)ノンフィクション。 野いちご文庫、メディアワークス文庫、スターツ文庫大好き。 お気に入り追加やコメントしていただけたら小説読みに行きます! Instagram>>>monamoma__book
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る