無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20
嗚呼、

この気持ちを伝えることができれば、

どれ程楽になるだろうか。