無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

光を放つ。
ゆう
ゆう
え…。
ゆうの視線の先は…白目をむき出しにしていて、いつもとは…明らかに違う…そういう雰囲気をかもし出す…________そう…ゆうのお母さんだ。
みらい
みらい
これは…あなたのお母さんよね?ゆう。
ゆう
ゆう
う…うん。
お母さん
ぅう…がぁぁ…。
………?!えぇ?!
ゆう
ゆう
お母さん!?声変だよ!!?
みらい
みらい
ゆう……。お母さんは…取り憑かれてる可能性が高いわ。
みらい
みらい
今こそ!さっき渡した「アレ」のばんよ!!
みらいが大きな声を出した。
ゆう
ゆう
うん!
ゆう
ゆう
………てか…どうすればいいの?!
ペンダントをジャラジャラと、みらいに向ける。
みらい
みらい
それは…回収する仕事しかしないわ…。
だから…
ゆう
ゆう
だから?
みらい
みらい
戦うのよ!!
………………?!!
ゆう
ゆう
え!?
ゆう
ゆう
どうやって?!!!
みらい
みらい
ソレは、、パンチ…とか?
ゆう
ゆう
できないよぉ…!
泣きそうな声で言う。
すると…?
ゆう
ゆう
え?
…ポゥ…とペンダントが、光っているのが見えた。
みらい
みらい
……不思議なことが起こるものねぇ。
ゆう
ゆう
な…なんで…そんな…。え…
ピカ___!!
強く光を放つ__。
    ✼••┈┈┈┈••▷◁••┈┈┈┈••✼
        🕰次回へツヅク⌛

        どうなるペンダント!!