第8話

男たちの計画~実行~
2,818
2017/12/29 05:58
あなた

💤💤💤💤

シルク
シルク
寝顔も可愛いな。
モトキ
モトキ
やっベー襲いたい
はじめ
はじめ
もうやろうよー
シルク
シルク
じゃあ、
ローションからな、
あなたの服をみんなで脱がした。
シルク
シルク
うわー、おっぱいでっか!!
モトキ
モトキ
声でかい、でも確かに大きいな
はじめ
はじめ
揉んでいい?
シルク
シルク
あぁ、いいよ。
はじめは、あなたのおっぱいを揉みはじめた。
円を描くように。
あなた

んっッ!

シルク
シルク
寝ているのに声は出せるんだー。
はじめ
はじめ
やばいよ、触り心地
モトキ
モトキ
僕はやらない。
はじめ
はじめ
なんで?
シルク
シルク
楽しいぞ
モトキ
モトキ
だからやらないって言ってるじゃん!
ドタドタ!・・

ガチャ!
シルク
シルク
もういい、あいつなんか放っておこうぜー
はじめ
はじめ
そうだねー
はじめ
はじめ
はやくローションぬろー
シルク
シルク
いいぜー
シルク
シルク
[ローションを塗り始める]
あなた

ッ、あ、つい・・

あなた

[目をさます]

あなた

な、なにしてるの?

あなた

てかなんで裸?

あなた

か、身体が あ、熱い

シルク
シルク
起きたねー
はじめ
はじめ
そうだねー
シルク
シルク
身体ムズムズするでしょー?
あなた

う、うん?

はじめ
はじめ
じゃあいいなよ。
私をいじめて って
あなた

えっ?

あなた

(確かに身体が何かを求めてる)

あなた

わ、私を

シルク
シルク
なに? 聞こえない。
あなた

い、いじめて

シルク
シルク
いいよ。
はじめ
はじめ
たくさんいじめてあげる。
あなた

もうやだ、いつの私じゃない

シルク
シルク
じゃあこれしゃぶって
そう言いながらシルクはズボンを下ろし
突起物を出し私の顔の前にもってきた。
あなた

っ!

シルク
シルク
はやく!
しゃぶってー
あなた

パク

あなた

(お、大きい)

シルク
シルク
んっんーっ!///
するとシルクは

口の中にあるものを奥まで突っ込んできた。
あなた

ゴホっ!

あなた

ペロッ
プチュっ!

シルク
シルク
や、やばい
だ、だすよ!
あなた

ウーーーーんーっ!

あなた

(私の口の中にネバネバするものがあるー!?)

シルク
シルク
のっくんで!
あなた

ゴクッ

シルク
シルク
はい、いい子
(頭ポンポン)
あなた

もっともっと気持ちよくして。

はじめ
はじめ
いいよ。
足開いてー
あなた

[足を開く]

あなた

っ?!

はじめ
はじめ
ペロ、ジュッ、ブジュ!
あなた

ハッぁ 、t !

はじめ
はじめ
声がエロい
あなた

ほ、ほんなぁこぉといぁないでぇー
(そんなこといわないでー)

はじめ
はじめ
あなただけ気持ちよくなってずるい!
はじめ
はじめ
これ、あそこに入れてー
あなた

ふぇー?

はじめ
はじめ
もー、わかんないの?
あなた

[頷く]

はじめ
はじめ
じゃあもう入れちゃうから〜
そうしてはじめ突起物が私の中に入ってきた。
あなた

ファッ、ハッ、t♡

はじめ
はじめ
アッ、締まってる!
はじめ
はじめ
やばい!
でるー!
あなた

でてるぅー♡

あなた

もう疲れた。

あなた

💤💤💤

はじめ
はじめ
おやすみあなた
大好きだよ。
シルク
シルク
おやすみ 愛してる。
そこから私たちは1つのベッドで寝た。

プリ小説オーディオドラマ