プリ小説

第16話

無理なのかな
空き教室1か…
よし!もうシルクいるかな?
あなた

ごめん!お待たせ…
え、

女1
(キス)
シルク
んだよお前!!
シルク
っっっっ!
あなた!
あなた

あ、ごめんなさい🙏
女1といるって知らなくて…
んじゃ!

嘘でしょ…
何で一緒にいるんだろ…
しかもキスしてた。
シルク
ちょ!まてよ!
あなた

来ないでよ!

なんで、なんで  なんで!!!
まき
おおお、あなた?どした?
あなた

まままきーー!!😭

まき
なになに?
あなた

(事情説明)

まき
え。なにそれ…
ちょっと聞いてくる… 落ち着きな
あなた

うん、

なんでなんだろ…



抱きしめてくれたり 優しい言葉かけてくれたのに。










やっぱり…信用した 私が行けないのか…










信用。
















信用ってなんだろ…




ーーーーーーーーーーーーーーー

次回 まきsideです!!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆきの🍫🍨
ゆきの🍫🍨
ゆきの といいます!! おもに 恋愛小説(?)ちょっと妄想小説っぽいものを書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします 下手ですが読んで頂けると嬉しいです! ファン証は🍫🍨 出てこない人は「チョコ」です!🙇
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る