プリ小説

第8話

心臓が持ちません
あなた

お邪魔しまーす…

ジミン
ジミン
いらっしゃい
相変わらず…シンプルだわ
ジミン
ジミン
あ、そこ座ってな
そう言ってジミナが指を指す方向は
ベット
あなた

お、おう…((座る

ジミン
ジミン
格好が色気ねーな
あなた

うるせーわ

ジミン
ジミン
きっとそこらへんにあった服だろ
あなた

バレたぁ?

ジミン
ジミン
そらな。
あなた

ムードない…けど

ジミン
ジミン
これから作るよ
ギシッ
視点が変わり天井を見る形に。
あなた

いや何押し倒しとん

ジミン
ジミン
お前が許可したんだから歯止めきく程度にするから、
あなた

ちょ、なっ、、

チュッ
自然な流れで舌が入ってくる。
苦しいいい…
あなた

んっ…む

ジミン
ジミン
っはぁ…脱がすぞ
あなた

いちいち聞くなって///

ジミン
ジミン
反応が面白いからㅎㅎ
ホックを外して胸を揉む、どこでこんなの習得してんのこの人
あなた

ん、はぁっ…

ジミン
ジミン
ここたってるよ?感じてんの?
あなた

うる…さいッ…

ジミン
ジミン
そんな口きけなくするぞ…ピチュッ
胸の突起物をチロチロ舐めたり甘噛みして遊ばれる
あなた

んっふぁん!?///

なに今のワイの声?
信じない信じない信じない
ジミン
ジミン
んはぁクソなんでスカートじゃないんだよ脱がすの面倒だな
あなた

すいませんね?

面倒とかいいながらもう脱がされてる
パンツの上から指でなぞられる
ジミン
ジミン
濡れてるよ?そんなよかった?あなたえっちぃ〜♡
あなた

うるさいッんぁッ
ほんとッ、、ころすぞッ

淡々とパンツ脱がすっていうね脱衣スキルがこの人すごいって考えるとテテの方がすごいのか。
ジミン
ジミン
うわ…
あなた

なんだ汚いか?

ジミン
ジミン
いや…綺麗だなーって
あなた

何顔近づけて、、、!?

ジミン
ジミン
ッチュピチュックチュッ
あなた

そんなとこっっ舐めないでっ…
汚いって、ふぁんッ、、

ジミン
ジミン
綺麗だっつってんの少し黙れ
褒めてんのかけなしてんのか
ジミン
ジミン
大分トロトロになってきたなㅎ
指入れるけど優しくするから力抜けよ
あなた

う、うん…

ぬぷぷっ
ジミナの指が入ってきたけど
痛い、異物感がすごい
あなた

んっあん変な、、感じッ//

ジミン
ジミン
動かすぞ
ぬぷっぬぷっ
慣れていくうちに二本に増える
ジミン
ジミン
そろそろ。挿れるぞ?
ジミナが脱いだ。。。
コイツこんなデカかった!?
入る!?いちおう…勃ってるんだ…
あなた

いいよ…きてッ

ジミン
ジミン
やべ理性ぶっ飛びそ
ヌプププッ
あなた

んはぁぁぁッッ

急に与えられる快感に体が反り返る
ジミン
ジミン
キッツ…めっちゃ締まるね
あなた

もう言い返す気力ないッ

ジミン
ジミン
動くぞ
パチュンッパチュンッパチュンッ
あなた

んっあぁっもう…イッ

ジミン
ジミン
速くなるぞッ、、んはぁっ
あなた

あっんぁんっじみなっ、、喘いでるッㅎ

ジミン
ジミン
うる、、さいな俺もッイクぞ
あなた

一緒にッイこう?

ジミン
ジミン
うんッ
あなた

じみなぁっっ

ジミン
ジミン
あなたッ
____
あなた

腰痛い

ジミン
ジミン
外に出しただけありがたいと思え
あなた

何回もヤるとは聞いてない

ジミン
ジミン
言ってない
あなた

やかましい

____
グク
グク
なんで俺たち下の階で待たされて最中を聞かされてるんですかね
テテ
テテ
俺もヤリたい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ほ む ら
ほ む ら
眠い