無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第14話

キラキラ 14







.















大西くんとテキトーに話を終わらせて


丈くんの楽屋に行くと話し声が聞こえてきた 。


大ちゃんの声だ 。あれ 、大地くんもいるじゃん 。


私の話しててまじ笑っちまうぜべいびー ( )































『 誰が部屋にいるの?』



西畑「 … は 」



『 やほぴ〜 』



藤原「 おー 、きたきた 。扉閉めといて 」



『 やだ丈くんのえっち 』



藤原「 そういう訳ちゃうから 笑 」



今江「 あなたちゃん久しぶりやんなー 」



『 あれ 、今江くn …
大地くん 、私のこと分かるの?』



今江「 今さっき丈くんから聞いた 。
俺相当やばい人としたんやな 」



『 今更感ある 』



藤原「 それな 笑 」


















































意外と受け入れ組な丈くんと大地くん 。


それに比べて大ちゃんはずっと警戒してる 。


いや 、そんな睨まれる義理私にあります?


私なにもした覚えないですけどーー!!!!


突き放したのそっちじゃねーかよー!!!!!














































『 … 大ちゃんも 、
私のこと知ってるもんなー?』



西畑「 っ 、近づかんといて 、」



『 あ 、やっぱ私のこと嫌いでしょ 笑 』



西畑「 だから近づくなって 、」



『 なに〜 、なーんもきこえなーい 』



西畑「 っだから 、!!!」



" コンコン "



「 丈ー 、おるかー?」



『 … あ 』



藤原「 … えーよ 、入ってきて 」



「 おー?」



















































大ちゃんの反応が面白くて


どんどん近づいてったけど邪魔された 。


でもその声に聞き覚えがあるんだ 。


懐かしいなあ 、少しインパクトあるもんね 。









































「 … !!!!!!!!!」



『 すぐに扉閉めるのやめてくれる?』



「 あなたたんっ 、!!!!!(抱きつく) 」



『 キモい 』



藤原「 (また腹を抱えて笑い出す) 」



今江「 ほんっまにまとくんには塩やな 笑 」



西畑「 … 」



林「 会いたかった〜!!!!!
元気やった?また成長したんちゃう?」



『 変態度は変わらないのね胸揉むのやめて 』



林「 かわい 、」



『 ちょっ 、耳噛むのや 、』



藤原「 はいストップー 。
俺の楽屋なんでやめてくださーい 」



今江「 流石にここではダメやから 笑 」



西畑「 っ … 」



林「 ちぇ 、ケチやなあ 」



『 したいなら仕事なんで金持って店来て 』



林「 行く ♡ 」



『 冗談だわバカ自覚持て 』



藤原「 いやお前が言えたことちゃう 笑 」



今江「 それな 笑 」



『 ☆ 』



林「 てか俺アイドル
卒業したから大丈夫やで?」



『 え?!真鳥くん卒業したの?!』



林「 振付師なってんー 」



『 へーほー 、、、なんかキショ 』



林「 エッ 」






































真鳥くんいつのまに関ジュ卒業してたんだ 。


知らなかった 。まあどうでもいいけど 。


この人はこの4人の中でも1番、いやもうお店に


来る人の中で1番常連さんってぐらいの頻度で


お店に来てた。いや全部シてた訳じゃないよ?(笑)


まあ最近忙しくて来てなかったんだけど…なんか、


みんな見ないうちにしっかりアイドルしてんなあ 。


なんだ 、つまんないのー 。