無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

ハジメテの…🔞
真っ暗な部屋に
間接照明のみ
2人の吐息が響く
あなた
あなた
チュッ…チュッ…
DJふぉい
DJふぉい
チュッ…チュッ…クチュッ
静かなだけあって音が響く
余計に私たちを高ぶらせる
フッ…ッア…クチュッ
DJふぉい
DJふぉい
苦しくない…?
あなた
あなた
ッア…う、うん…
DJふぉい
DJふぉい
口、開けて…
あなた
あなた
っ…うん…
あなた
あなた
ファッ…チュッ、クチュッ…ッア
DJふぉい
DJふぉい
クチュッ…ペロッ…
絃歩の手が服の中に入ってきた
は、恥ずかしい…
あなた
あなた
ンァ…恥ずかしいよっ…ッア…チュッ
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫、すぐ気持ちよくなるから…
絃歩はそっと手をかけ大きな手で優しく揉んだ
あなた
あなた
フッ…ッアン…ッ
DJふぉい
DJふぉい
声…聞かせて…我慢しなくていい…
あなた
あなた
ヤァッ…アンッ…い、いとほぉ…
DJふぉい
DJふぉい
煽んなって…
DJふぉい
DJふぉい
服脱がすよ…?
あなた
あなた
うんっ…
くびれたボディーライン、真っ白な肌、これに今から手をかけると思うと留まるものがあった
あなた
あなた
いとほくん…?
DJふぉい
DJふぉい
きれいだよ…
DJふぉい
DJふぉい
誰よりも
あなた
あなた
っ…うんっ…
あなた
あなた
我慢しないで…?めちゃくちゃにして…?
DJふぉい
DJふぉい
っ…
これが、りゅーの言ってたことか…。こんなこと言わせやがって…
まぁコーフンしたしちょっとは感謝かな
DJふぉい
DJふぉい
下…触るよ…?
あなた
あなた
う、うん…///
DJふぉい
DJふぉい
痛かったら言ってね
絃歩くんの長くてきれいな指が太ももを伝って入ってくる
あなた
あなた
ッアン…ヤラァッ…アンッ…
DJふぉい
DJふぉい
どこがいい?気持ちい?
クチュッ、クチュッ…
興奮してくれてるのか初めての割には濡れていた
それが俺にはどうしようもなく嬉しかった
あなた
あなた
絃歩くんっ…ッア…きもちぃよっ…
DJふぉい
DJふぉい
ッ…うん…
俺のが大きくなるのがわかる
半端じゃないくらい欲望してる
クチュッ…クチュッ…
あなた
あなた
アアッ…!そこなんかヤラァ…!///
DJふぉい
DJふぉい
ん?ここ?
そこでふぉいは指を曲げた
クチュッ…キュッ
あなた
あなた
アンッ…!なんか来るっ…!///
DJふぉい
DJふぉい
大丈夫、気持ちよくなるよ
あなた
あなた
アッアッ…アアッ…!
DJふぉい
DJふぉい
イったな…
あなた
あなた
?///
DJふぉい
DJふぉい
もう大丈夫かな…
DJふぉい
DJふぉい
入れるけど、痛かったらすぐ辞めるから
あなた
あなた
うん…でもやめないで…
DJふぉい
DJふぉい
ッツ…煽んな…よ…
避妊具をつけた絃歩くんはゆっくりナカに入れた