無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

60話
流星side
メンバーが心配なんやけど。笑
ちゃんと僕の家おるん?笑
''もうすぐあなた家着くからちゃんとしてね''
この分だけ丈くんに送っといた。笑
.
その頃流星の家では…
丈一郎
おい!流星からなんか来たぞ!
大吾
なんかってなんやねん!笑
丈一郎
もうすぐあなた家着くからちゃんとしてね
丈一郎
やってさ!
和也
え、俺らちゃんとしてへんって思われとる?笑
謙杜
まぁしょうがないじゃないんすか!
駿佑
ちゃんとしなあかんと思いますって!
恭平
そうやで!あなたちゃん喜ばせんと!
丈一郎
いやみっちーのその言い方俺らがちゃんとしてへんみたいな言い方やん。笑
駿佑
え、、?🙃
.
流星  「心配やなぁ〜、」
流星  「ちゃんとしてくれる事を願うしかないな。」
次回。あなたを驚かせます
______________________
続きはいいね来たら出します🎂