プリ小説

第14話

一言
りお
え?悠馬、何やってんの!?
あゆみ
ちょっ
たいが
まじでお前何やってんだよ!?
悠馬
………
ダッ


悠馬はいきなり走り始め、気付いた時には教室から出て行っていた
あゆみ
たいが、大丈夫?
たいが
ああ俺は大丈夫だが…宮城が…
主人公
え!りお!
あなたが振り向くとそこにはまるで何かに取り憑かれたような顔をしたりおがいた。
あゆみ
りお!?大丈夫!?
りお
も………戻ってきた…
主人公
え?
りお
怖い………
たいが
小学校で何があったんだ?
りお
…………
あゆみ
無理して答えなくていいよ
りお
………
主人公
まだ多分落ち着いてないんだよ、また今度にしよう
あゆみ
うん
あゆみ
そういえば、たいがはなんで殴られそうになってたの?
たいが
お前らに…部活辞めさせろって言われた。
主人公
はぁ!?
あゆみ
吹奏楽部を!?
主人公
どうして!?もうあゆみはいじめられてないよ!
たいが
分からない…おれが嫌だと言ったら殴りかかってきたんだ
あゆみ
わけわかんない!
りお
戻ったんだ………
主人公
りお!
りお
私と悠馬は幼馴染だった。小さい頃は毎日遊んでた。でも…
あゆみ
でも?
りお
小学生のある日、周りの人から
「りおって悠馬の彼女みたいだよねー!」と言われた
りお
その日から悠馬は変わった
たいが
どんな風に?
りお
前は私の意見をちゃんと聞いてくれてたのに、悠馬は私と少し喋った男子を呼び出し、暴力を振るった。
主人公
え…
りお
そして事態はどんどんエスカレートし、ついには女子にまで暴力を振るうようになっていた
りお
それからしばらくして、私が気付いた時には友達は皆離れていき、1人だった。
あゆみ
………そんな小学校を送ってたんだね………
りお
だから悠馬が一緒のクラスってわかった時は恐ろしかった、また離れていくんじゃないかって
主人公
私たちは絶対そんなことしない!
あゆみ
あなたのいうとおり!その人が何言っても私たちの気持ちは変わらないから!
りお
ありがとう
たいが
俺はどうしたらいい?
主人公
うーん
あゆみ
たいがはとにかく出来るだけ悠馬って人が何だかしないように見てて。
たいが
わかった
りお
みんなごめん
主人公
全然!大丈夫!いくらでも頼って!
たいが
あいつは何がしたいんだ…?)
キーンコーンカーンコーン
主人公
そろそろ席つこ!
たいが
あっああ
りお
うん…
あゆみ
コソ)りお!私たちはもちろんだけどたいがにも頼ったらいいからね!
りお
ありがと…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この時何も手を打たなかったのがこの後事態をもっと悪くしていくことになった

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

とこ
とこ
吹奏楽部です! ユーフォニアム吹いてます☺️ YouTube、暗殺教室、響けユーフォニアム!!などが、 大好きです😍
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る