小説更新時間: 2024/03/08 22:52

連載中
ゴールド

あの日、あのバス停で

あの日、あのバス停で
  • 青春・学園
  • オリジナル
  • デイリーランキング最高 5 位(オリジナル)
  • ここが運命の分かれ道
右足の感覚がなく、
小学5年生から特別支援学校に通っている
中学3年生の百々瀬 なう は、
生まれてはじめての大きな決断をする。
それは________
『行きたい学校を自分で決める』


なう には夢があった。
普通の高校生活を送ること。
自分の足で歩いて、走って、
文化祭をして、体育祭をして、クラスの仲間と
笑って、泣いて________



その夢を叶えるために。
同じ中学校だった友達は みんな併設された高校に行く中、
なうは1人、
バスで30分かかる春空高校を選んだ。



表紙画像(編集・文字入れ前)Tamaki 様
表紙画像(編集・文字入れ後)作者

チャプター

全7話
8,964文字
   美咲  
チャレンジ作家バッジ(ゴールド)

   美咲  

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

が好きなあなたにおすすめの小説

ノイズな僕らのクリアな主張

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る

公式TikTokの注目動画

もっと見る