無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

@93
夜中
あなた

ゲホッゲホッ

あなた

ゲホッゲホッ

タッタッ
がちゃっ
ウジ
ウジ
大丈夫か?
あなた

((´・ェ・`))ゥゥン

あなた

ゲホッゲホッ

タッタッ
エスクプス
エスクプス
おーあなたか、大丈夫か??
あなた

((´・ェ・`))ゥゥン

あなた

ゲホッ

ウジ
ウジ
俺ポカリ買ってくるわ
エスクプス
エスクプス
うん。わかった
あなた

ありがとうね

がちやっ
タッタッ
ウジ
ウジ
はぁはぁ
急がないと、
🏪
ウジ
ウジ
えぇーと、?
ポカリ、ポカリっと
ソナ
ソナ
あぁ!うじさん
ウジ
ウジ
、、あ、ソナさん
ソナ
ソナ
こんな時間にどうしたんですかぁ?
ウジ
ウジ
いや、飲み物を買いに
ソナ
ソナ
あぁ、そんなんですね、、
うじの首にはネックレス?
あぁ、誕生日だからか
あ、そうだ、
ソナ
ソナ
そのネックレスかっこいいですね!
ウジ
ウジ
ほんとですか?!
実は誕生日プレゼントで
あなたがくれたんです!
ソナ
ソナ
へぇ〜
あいつか
ソナ
ソナ
では私も誕生日プレゼントです!
ソナ
ソナ
どうぞ!
ウジ
ウジ
ネックレス...?
ソナ
ソナ
そうです!あなたがくれたのよりも何倍もかっこよくないですか?
ウジ
ウジ
いやぁでも、、
ソナ
ソナ
付けてみてください!
ウジ
ウジ
いや、でもあなたのつけてるから、、
ソナ
ソナ
こんなのいいじゃないですか
かちゃん
ウジ
ウジ
あっ
ソナ
ソナ
ほら似合ってますよ!
ウジ
ウジ
あなたがくれたネックレス返してくれない?
ソナ
ソナ
あ、嫌です
ソナ
ソナ
あと説明しときますが
ソナ
ソナ
そのネックレス取ったら
あなたが痛い目にあうかもしれませんね
ソナ
ソナ
それではさようなら〜
ウィーン

























宿舎着
ウジ
ウジ
はぁ、、あなたになんて説明すればいいんだよ、、
エスクプス
エスクプス
お!おかえり
ウジ
ウジ
た、ただいま
あなた

ああ!ありがとう!

ゴクゴク
あなた

美味しい!

あなた

ありがとう!

ウジ
ウジ
いえいえ、、
何分か会話
エスクプス
エスクプス
いやーそれでさー
ウジ
ウジ
ああ、なるほど
あなた

え、、?

エスクプス
エスクプス
どうしたの?あなた
あなた

ッごめん、、私もう寝るね?

ウジ
ウジ
え?ちょっとまって
あなた

ごめん、おやすみ(手を振りほどく