無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第6話

story5
私はばったり陸くんと天くんに会った
七瀬陸
七瀬陸
あっゆいちゃんこの間はありがとうございました
ゆい
ゆい
陸くん、こちらこそありがとう
九条天
九条天
2人って知り合いなの?
私と陸くんが話していると天くんに聞かれた
ゆい
ゆい
そうなんです。ちょっとした事故で知り合って、、、
七瀬陸
七瀬陸
それでこの前お茶したんだ
九条天
九条天
へぇー。それより今日はよろしくお願いします
ゆい
ゆい
はい、こちらこそよろしくお願いします
それから撮影は着々と進みその日の撮影は終了した
撮影も終わり帰る準備をしていると陸くんに話しかけられた
七瀬陸
七瀬陸
ゆいちゃんこの後空いてる?もしよかったらごはん行かない?
ゆい
ゆい
うん、空いてるよ。
七瀬陸
七瀬陸
じゃあ決まりだね。天にぃも行くよね?
九条天
九条天
うん
それから私たちは近くの居酒屋に行った
九条天
九条天
ゆいさんてドラマの撮影は初めてだよね?
ゆい
ゆい
そうなんです。変なところとかなかったですか?
九条天
九条天
初めてとは思えないくらい演技上手かったよ
七瀬陸
七瀬陸
えっ、ゆいちゃんドラマの撮影初めてなの?スゴく上手だったよ
ゆい
ゆい
ありがとう。実はちよっと緊張してたんだよね
九条天
九条天
全然自信持っていいと思うよ
ゆい
ゆい
ありがとうございます。九条さんにそう言って貰えると嬉しいです
九条天
九条天
天でいいよ陸のことも名前で読んでるんだし
九条天
九条天
あと敬語も要らない
ゆい
ゆい
分かった。
それから私たちはいろんな話をした